最新情報



2015年12月10日脳卒中対策基本法の成立に向けた研修会のご案内

これまで「脳卒中対策基本法」の成立の寸前まできましたが、思わぬ事態で成立が難しくなり「循環器病対策基本法」に変更しようという動きが出てきています。

しかし、このようなことは今回だけのことではありません。「がん対策基本法」成立時の構図とオーバーラップしています。やはり、最終章に入り患者抜きで一部の利害関係で法案が捻じ曲げられそうになった時、余命数年とか数カ月のがん患者自身が必死で働きかけて成立したのが「がん対策基本法」なのです。

 

脳卒中者は発症後数年たって、多くは当時の悲惨さを脳裏の底から忘れかけていて運動の広がりが乏しかったのも事実です。「いつ、どこで」発症するかわからない脳卒中ですが、しっかりと対策を講じるならば苦労を改善できる数少ない病気です。

 

ですから、脳卒中に特化する法律が必要なのです。 この度の研修会は、脳卒中対策基本法の成立に、私たち脳卒中者が中心となり成立への役割を確信を持って果たせるように学習するために開催いたします。脳卒中の皆様、各地の脳卒中者友の会の皆様、是非ともこの研修会にご参加ください。

 

テーマ 脳卒中対策基本法成立への脳卒中者の役割

 

11:00 脳卒中対策基本法の状況と今後の取り組み
日本脳卒中者友の会 理事長 石川敏一氏 顧問 上野 正氏
13:00 がん対策基本法成立において患者団体が果たした役割
討論 日本脳卒中者友の会は何をなすべきか?

 

期日 11月15日(日)11時~14時

会場 横浜市障害者研修保養センター横浜あゆみ荘
※10時30分に送迎バスが出ます。新横浜駅のバス乗り場か新幹線改札口広場に10時20分にご集合下さい

日本脳卒中者友の会 通常総会のご案内

上記の研修会に引き続き、特定非営利活動法人日本脳卒中者友の会の通常総会を開催します。研修会での学習のうえで、これからの活動について計画を立てたいと思います。個人会員及び団体会員(代表1名)による参加になりますので、是非ともご出席いただきますようお願いいたします。

20151013-1


ページの上へ戻る



2015年5月13日循環器病に包括する内容に理事会は反対することを決議しました。

理事会は、2015年5月31日にウイリング横浜で開催され、全会一致で循環器病対策基本法への衣替えには、全国唯一の脳卒中患者会として正式に反対する機関決定がなされました。 また、もう一枚のテーブルを囲んだ写真は、議連の秋野公造参院議員発議主に要望したところです。

なお、秋野議員は折衷案などの提案をしていただいて再三、事務所を訪問して討議の結果などを報告しましたが、結果的にどちらにしても脳卒中を名称にも特化して書かないと、しっかりした対策が保証できないことから、やはいこれは廃案もやむなし、秋野公造参議院議員国会事務所にて脳卒中に特化した原点に立ち患者団体が前面に出て運動を展開する新たな展開になったことを報告します。

NPO法人日本脳卒中者友の会 理事長 石川敏一

 

20150531-1 20150531-2


ページの上へ戻る



ページの上へ戻る



2013年4月13日第3回脳損傷者ケアリング・コミュニティ学会神奈川大会と、第15回全国脳卒中者のつどい神奈川大会が、開催されました。

2013年4月13日に、第3回脳損傷者ケアリング・コミュニティ学会神奈川大会と、
第15回全国脳卒中者のつどい神奈川大会(石川敏一大会長)が、障害者スポーツ文化センター「横浜ラポール」にて、開催されました。     (石川敏一大会長の基調報告)

当日は、枡屋厚生労働副大臣を来賓に迎え、ご挨拶を頂きました。(同日、ラポールシアターにて)

 

20130413_1

第3回ケアコミ学会、第15回脳卒中者のつどい当事者パフォーマンスで、「泉睦会ハーモニカクラブ」が「魔法の一本針泉睦会すみれ会」のファッションショーのバックミュージックを、演奏しているところです。

20130413_2

ファッションショー終了後に、舞台でインタビューを受ける出演者のメンバーです。

20130413_3

「脳梗塞ブルース」をリリースし右マヒを克服して、当事者パフォーマンスでウクレレ演奏にのせて歌を披露する、泉睦会の柳田さんです。
20130413_4

「魔法の一本針泉睦会すみれ会」を立ち上げた故・石川庸子さん(遺影)とともに今日まで頑張ってきた、左から佐々布さん・岡村さん等です

20130413_5


ページの上へ戻る